稲の苗床

自然農の田んぼでは、4月23日に稲の種おろしをして、藁で苗床をかぶせておいたのですが、1ヶ月弱がたった今日、藁をはいでみると、稲は5〜8センチくらいの長さに成長していました。

まだ幼いけれど、決してヒョロっとしているわけではなく、まっすぐピーンと生えていて、少々の強風でも倒れないさまは、稲ならではの力強さを感じます。

田んぼに水が入るのは6月半ば。その後の田植えに向けて、これから苗はぐんぐんと伸びていきます。