首里城散策2

首里城のあとはすぐ近くにある世界遺産の玉陵(たまうどぅん)と、金城町石畳道(300m)へ。玉陵は琉球王国第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓です。訪れたときは誰もおらず静寂に満ちており、まるで異国のような雰囲気。サンゴが敷き詰められた墓の前に立っていると、墓を守る屋根の雌獅子の上空を、飛行機が音もなく通りすぎていきました。

首里城下の主要な石畳道は、戦争で一部がなくなり、今はこの金城町石畳道(写真上)しか残っていないといいます。琉球王朝の時代に思いを馳せながら、石畳の坂道から見える那覇の街並みを心に刻みました。