ブロッケン現象

那覇から福岡へ向かう飛行機はちょうど日没時で、僕は飛行機の右側の窓側の席に座っていました。左側の窓(西側)からはちょうど沈みかけの夕陽が差し込んできて、まぶしいくらいでした。

離陸して10分ほどが経ったころです。飛行機が雲間を通り抜け上昇していく間、ふと窓の外を見ると、ほんの一瞬だけ「ブロッケン現象」が現れました!

ブロッケン現象とは、太陽光が当たって影(この場合は飛行機の横影)になったところに虹のリングができる現象のこと。すぐにカメラを取り出すと、また一瞬だけ現れたので写真におさめることができました。

乗務員さんの間では「虹の輪を見ると幸せになれる」と言われているとか。数千メートル上空で、神様が出現したかと思うような神秘的な光景でした。