A列車で行こう

熊本・天草へ。写真はホテルとかではなく、JR熊本ー三角間を結ぶ特急列車「A列車で行こう」の車内にあるバーです。

2両編成で、ずっとジャズが流れる車内。「16世紀の天草に伝わった南蛮文化」をテーマにデザインがなされ、ステンドグラスやマリア像なども飾られています。

九州では、こうしたJR九州の「D&S(デザイン&ストーリー)列車」がたくさん走っています。このA列車で行こうは、乗車時間わずか40分間ながら、1両目のバーでお酒を飲んだり、乗務員さんが一緒に写真を撮ってくれたり。

味気なかったローカル線の移動を、乗ること自体が楽しく、付加価値の高い豪華な旅へ。週末は満員の日もあり、人気はかなり高いようです。