夕陽と彼岸花

彼岸花を見ていつも思うのは、毎年、彼岸の入りを見計らうかのように、地中からニョキニョキと出てきて、こんな絢爛で複雑な花を咲かせるなんて、自然ってすごいなあということ。「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」とも呼ばれ、”天界の花”という意味だそうですが、夕陽をバックに仰ぎ見てみると、まさに神々しい雰囲気を身にまとっているのです。