透かしほおずき

夏にオレンジ色だった鬼灯(ほおずき)。いまは表面の皮が網目状の葉脈だけになり、中の実が透けてみえるようになりました。「透かしほおずき」とも呼ばれ、2週間ほど水につけておくとこうなるそうですが、これは民家の庭に植えられていたものなので、2ヶ月ほどをかけ、風雨で自然と透けたもの。季節の移り変わりを感じますね。