雨上がりの彼岸

20代のころ、ともにマスコミを目指して勉強した新聞記者の友人が先週、亡くなり、この3連休前半は葬儀に出席。会社帰りに歩道を歩いていたら背後から車が突っ込むという理不尽な交通事故の犠牲となり、帰らぬ人となりました。

まだ40代後半。情熱的なジャーナリストだっただけに、本当に残念でなりません。訃報を聞いて駆けつけた他の仲間たちと夜遅くまで故人を偲びました。此岸にいる僕らにとってできるのは、彼の分まで頑張るということだけ。

折しも季節はお彼岸。台風17号が去り、暴風で河原に咲いていた大半の彼岸花は倒れていましたが、中には強風にめげず踏ん張っている花も。雨が上がった一瞬、そこに悠然とアゲハ蝶がやってきました。