海辺の鬼灯

先日、糸島の海岸で夕陽を撮っていたら、足もとにこんな鬼灯(ほおずき)を見つけました。どこかの家でお盆に飾られ、御先祖さまの道標としての役割を果たしたあと、この海辺に流れ着いたのでしょうか。夕陽にかざしてみると、朱色が際立ち、まるで明かりがともったかのよう。夏が少しずつ過ぎようとしています。